海外マンガ読書会 第2回:ジョアン・スファール『星の王子さま バンド・デシネ版』を読む

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

関連記事を読む:「海外マンガ読書会第1回:アリソン・ベクダル『ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』を読む」レポート


海外マンガ読書会 第2回
取り上げる作品:ジョアン・スファール作、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ原作『星の王子さま バンド・デシネ版』(池澤夏樹訳、サンクチュアリ出版、2011年)
日時:2019年1月19日(土)15時~17時30分
場所:東京都千代田区神田神保町3-8 専修大学 神田校舎 7号館 772教室(地図
7号館の位置はこちらでご確認ください
参加無料
主催:日本マンガ学会海外マンガ交流部会
※事前申し込み不要。当日、直接会場にお越しください。

ジョアン・スファール作、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ原作『星の王子さま バンド・デシネ版』(池澤夏樹訳、サンクチュアリ出版、2011年)

ここ数年、海外マンガの翻訳が飛躍的に増大してきています。ほぼリアルタイムの新作もあれば、古典的作品の翻訳もあります。また、世界の多様なマンガ文化を翻訳によって幅広く概観することができる環境が整ってきました。

日本マンガ学会海外マンガ交流部会は発足以来すでに10年にわたる活動実績がありますが、今こそ海外マンガをじっくり読み、共有する場を皆さんとご一緒に作り上げていければと「海外マンガ読書会」を発足いたしました。

海外マンガ読書会 第1回の様子

「海外マンガ読書会 第1回:アリソン・ベクダル『ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』を読む」のレポートはこちら

「海外マンガ」と一口に言っても、時代も、言語・文化的背景も、手法も、ジャンルも様々です。一つの作品を共有し、参加者の皆さんのそれぞれの見地を活かしながら、海外マンガのおもしろさをご一緒に共有してみませんか?

テーマから、ジャンル、表現技法、ストーリーテリング、日本のマンガや、映画、文学など他のメディアとの比較など様々な観点から、参加する皆さんの声を交換しあうことで、海外マンガをより楽しく、深く、幅広く、多面的に味わうことができればと思います。

第2回読書会の対象作品としてとりあげるのは、世界文学の名作『星の王子さま』のバンド・デシネ版。サン=テグジュベリ(1900-44)による小説『星の王子さま』(1943)は最初の翻訳(内藤濯訳、岩波書店、1953)刊行以来、長年にわたり日本でも人気のある作品であり続け、さらに岩波書店による翻訳出版権が消失して以降、21世紀に入り「ブーム」と呼べるほど様々な版の翻訳刊行が相次ぐなど特別な物語であり続けています。

原作者の遺族が公式に認めたBD(バンド・デシネ)版として、1971年生まれのジョアン・スファールにより、BD(バンド・デシネ)版として新たに生まれ変わった『星の王子さま バンド・デシネ版』(Jann Sfar, Le Petit Prince, Gallimard, 2008)は、小説の新訳も手がける作家・池澤夏樹氏の翻訳で2011年に翻訳刊行がなされています。

スファール版『星の王子さま』原書版
(Jann Sfar, Antoine de Saint-Exupéry, Le Petit Prince, Gallimard, 2008)

邦訳版『星の王子さま バンド・デシネ版』のウェブページはこちら

名場面がどのように再現・解釈されているか、元気で活発な男の子としての王子さまのキャラクター設定、古典文学のコミックス化をめぐる原作小説とのメディア比較、BDとしての作画・表現法、世界文学としての可能性など様々な観点から読みどころに満ちています。

テキストはサンクチュアリ出版から刊行されている翻訳版としますが原書でも結構です。原作小説の翻訳版(池澤夏樹訳、集英社文庫など)と読み比べるのも有効でしょう。

どなたでもご参加いただけます。直接会場にお越しください。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。


関連記事を読む:「海外マンガ読書会第1回:アリソン・ベクダル『ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』を読む」レポート

About Author

中垣 恒太郎

1973年広島県生まれ。専修大学文学部教授。アメリカ文学・比較メディア文化研究。大学では「思春期文化論研究ゼミ」を展開。米国と日本を軸にした女性のコミックス/マンガ表現をめぐる比較文化研究、さらに、欧米で注目されている「グラフィック・メディスン」の動向を踏まえた医療マンガの比較文化研究に関心を寄せています。日本マンガ学会海外マンガ交流部会(部会代表は小野耕世氏)ほか、女性MANGA研究プロジェクトなどに参加。

Leave A Reply