アングレーム国際漫画フェスティバル2019各賞発表

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

関連記事を読む:アングレーム国際漫画フェスティバル2018各賞発表


2019年1月24日(木)から27日(日)にかけて、フランスの地方都市アングレームで、毎年恒例の「アングレーム国際漫画フェスティバル(Festival International de la bande dessinée Angoulême)」が行なわれました。同フェスティバルがスタートしたのは1974年。今年は第46回です。

アングレーム国際漫画フェスティバルの楽しみのひとつが各賞の発表。昨年第45回のアングレーム国際漫画フェスティバルの各賞をご紹介しましたが、今年もご紹介したいと思います。なお、受賞作にはフランス語以外の外国語からのフランス語訳が含まれていますが、出版社と出版年はフランス語版の情報です。作者名と作品タイトルには仮の日本語訳をあてておきます。

グランプリ(Grand Prix)

高橋留美子

1672人の作家たちの投票によって選ばれました。日本人のマンガ家がグランプリを受賞するのは、2015年の大友克洋に続いて2人目。2013年にフェスティバル40周年記念グランプリを受賞した鳥山明を含めれば3人目です。詳しくは別記事を書いていますので、そちらをご覧ください。

高橋留美子、アングレーム国際漫画フェスティバル2019でグランプリ受賞!

最優秀作品賞(Prix du meilleur album)=フォーヴ・ドール(金の野獣/Fauve d’or)

エミル・フェリス『私が大好きなものはモンスター』(Emil Ferris, Moi, ce que j’aime, c’est les monstres, Monsieur Toussaint Louverture, 2018, 原題:My Favorite Thing Is Monsters

ノミネート作一覧はこちら

審査員特別賞(Prix spécial du jury)

ブレヒト・エヴァンス『溝』(Brecht Evens, Les Rigoles, Actes Sud Editions, 2018)

シリーズ賞(Prix de la série)

ハルフダン・ピスケ『デンマーク人』(Halfdan Pisket, Dansker, Presque Lune, 2018)

新人賞(Prix révélation)

エミリー・グリーソン『おかしなテッド』(Émilie Gleason, Ted drôle de coco, Atrabile Editions, 2018)

子供向け作品賞(Prix Jeunesse)

ジェン・ウェン『王子様と仕立屋』(Jen Wang, Le Prince et la Couturière, Akileos, 2018, 原題:The Prince and the Dressmaker

「子供向け作品賞」ノミネート作一覧はこちら

遺産賞(Prix du Patrimoine)

ギュスターヴ・ドレ『ヘラクレスの難行』(Gustave Doré, Les travaux d’Hercule, Editions 2024, 2018)

「遺産賞」ノミネート作一覧はこちら

フランス国鉄ミステリ賞(Fauve Polar SNCF)

ジュリアン・ランベール『ヴィルヴェルミン(害虫街)』(Julien Lambert, Villevermine, T1, SARBACANE, 2018)

オルタナティヴBD賞(Prix de la BD alternative)

『サマンダル』第5集(5th anthology of the Samandal collective

ルネ・ゴシニー賞(Prix René Goscinny)

ピエール・クリスタン作、フィリップ・エモン画『東‐西』(Pierre Christin, Philippe Aymond, Est-Ouest, Dupuis, 2018)

この他にも学生を対象にした賞などさまざまな賞が設けられています。こちらをご覧ください。

以上、各賞を紹介しました。フランス語が読める方、原書の言語が読める方は、ぜひ受賞作を読んでみてください。

来年はどんな作品、作家が受賞するのでしょうか? 第47回となるアングレーム国際漫画フェスティバル2020もお楽しみに!


関連記事を読む:アングレーム国際漫画フェスティバル2018各賞発表

About Author

原 正人

1974年静岡県生まれ。フランスのマンガ“バンド・デシネ”の翻訳者。訳書にバスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(小学館集英社プロダクション)、マリー・ポムピュイ、ファビアン・ヴェルマン&ケラスコエット『かわいい闇』(河出書房新社)など。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。「世界のマンガについてゆるーく考える会」主宰。もちろん日本のマンガも大好き。

Leave A Reply