戦争を描いた海外マンガリスト

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

8月15日が終戦記念日ということもあって、毎年8月は第二次世界大戦について振り返るさまざまな催しが日本国内のさまざまな場所で行われています。さる8月25日(土)には、千葉の16の小さな専門書店で、海外コミック読書ガイド:第4回「戦争編」というトークイベントが行われ、戦争を描いた海外マンガがいくつか取り上げられました。実は戦争を描いた海外マンガは案外たくさん邦訳されています。日本で「戦争」というと、多くの場合、「第二次世界大戦」を指しますが、それ以外の戦争を扱ったものも存在しています。この機会にまとめてご紹介してみましょう。

第一次世界大戦

『塹壕の戦争:1914-1918』

出版社:共和国
作:タルディ
画:タルディ
訳:藤原貞朗
制作国:フランス
リンク:OfficialAmazon

『汚れた戦争: 1914-1918』

出版社:共和国
作:タルディ、ヴェルネ
画:タルディ
訳:藤原貞朗
制作国:フランス
リンク:OfficialAmazon

『エーデルワイスのパイロット』

出版社:イカロス出版
作:ヤン
画:ロマン・ユーゴー
訳:宮脇史生
制作国:フランス
リンク:OfficialAmazon

第二次世界大戦

『マウス―アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語』

出版社:晶文社
作:アート・スピーゲルマン
画:アート・スピーゲルマン
訳:小野耕世
制作国:アメリカ
リンク:Amazon

『マウスⅡ―アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語』

出版社:晶文社
作:アート・スピーゲルマン
画:アート・スピーゲルマン
訳:小野耕世
制作国:アメリカ
リンク:Amazon

『ル・グラン・デューク』

出版社:イカロス出版
作:ヤン
画:ロマン・ユーゴー
訳:宮脇史生
制作国:フランス
リンク:OfficialAmazon

『エンジェル・ウィングス』

出版社:イカロス出版
作:ヤン
画:ロマン・ユーゴー
訳:宮脇史生
制作国:フランス
リンク:OfficialAmazon

『U-47 Vol.1』

出版社:イカロス出版
作:マーク・ジェニソン
画:ヘラルド・バルサ、ニコラ・カニオ
訳:宮脇史生
制作国:フランス
リンク:OfficialAmazon

『WUNDER WAFFEN ~ヴンダーヴァッフェン~ (ドイツ第三帝国1946)』

出版社:イカロス出版
作:リシャール・D・ノラン
画:マザ
訳:宮脇史生
制作国:フランス
リンク:OfficialAmazon

『アランの戦争―アラン・イングラム・コープの回想録 』

出版社:国書刊行会
作:エマニュエル・ギベール
画:エマニュエル・ギベール
訳:野田謙介
制作国:フランス
リンク:OfficialAmazon

『創作漫画 マンガで見る大韓民国臨時政府』

出版社:インパクト出版会
監修:金滋東
作:白武鉉
画:白武鉉
訳:梁東準
制作国:韓国
リンク:OfficialAmazon

『インドネシア少年の抗日・対オランダ独立戦争』

出版社:めこん
作:エドナ・キャロライン
画:トムディアン
訳:井上治
制作国:インドネシア
リンク:OfficialAmazon

ベトナム戦争(1955-1975年)

『コミック・ザ・ナム―米歩兵部隊の最前線物語 (1) 』

出版社:並木書房
作:ダグ・マーレイ
画:マイク・ゴールデン
訳:三島瑞穂
制作国:アメリカ
リンク:Amazon

『コミック・ザ・ナム―米歩兵部隊の最前線物語 (2)』

出版社:並木書房
作:ダグ・マーレイ
画:マイク・ゴールデン
訳:三島瑞穂
制作国:アメリカ
リンク:Amazon

サンディニスタ革命(1974-1979年)

『ムチャチョ―ある少年の革命』

出版社:飛鳥新社
作:エマニュエル・ルパージュ
画:エマニュエル・ルパージュ
訳:大西愛子
制作国:フランス
リンク:OfficialAmazon

モザンビーク内戦(1977-1992年)

『マッドジャーマンズ ドイツ移民物語』

出版社:花伝社
作:ビルギット・ヴァイエ
画:ビルギット・ヴァイエ
訳:山口侑紀
制作国:ドイツ
リンク:OfficialAmazon

アフガニスタン紛争(1978-1989年)

『フォトグラフ』

出版社:小学館集英社プロダクション
作:ディディエ・ルフェーヴル
画:エマニュエル・ギベール
訳:大西愛子
制作国:フランス
リンク:Amazon

イラン・イラク戦争(1980-1988年)

『ペルセポリスI イランの少女マルジ』

出版社:バジリコ
作:マルジャン・サトラピ
画:マルジャン・サトラピ
訳:園田恵子
制作国:フランス
リンク:OfficialAmazon

『ペルセポリスII マルジ、故郷に帰る』

出版社:バジリコ
作:マルジャン・サトラピ
画:マルジャン・サトラピ
訳:園田恵子
制作国:フランス
リンク:OfficialAmazon

第一次インティファーダ(1987-1993年)

『パレスチナ』

出版社:いそっぷ社
作:ジョー・サッコ
画:ジョー・サッコ
訳:小野耕世
制作国:アメリカ
リンク:OfficialAmazon

コソボ紛争(1998-1999年)

『爆心地セルビアからの手紙』

出版社:峠の地蔵出版
作:アレクサンダー・ゾグラフ
画:アレクサンダー・ゾグラフ
訳:ハル吉
制作国:セルビア
リンク:Official

9・11(2001年)

『消えたタワーの影のなかで』

出版社:岩波書店
作:アート・スピーゲルマン
画:アート・スピーゲルマン
訳:小野耕世
制作国:アメリカ
リンク:OfficialAmazon

イラク戦争(2003)

『3万冊の本を救ったアリーヤさんの大作戦』

出版社:国書刊行会
作:マーク・アラン・スタマティー
画:マーク・アラン・スタマティー
訳:徳永里砂
制作国:アメリカ
リンク:OfficialAmazon

もしかしたらこれ以外にも戦争を扱った邦訳海外マンガはあるかもしれません。未読の作品があれば、この機会にぜひ読んでみてください。


関連記事を読む:海外コミック読書ガイド:第4回「戦争編」レポート

About Author

原 正人

1974年静岡県生まれ。フランスのマンガ“バンド・デシネ”の翻訳者。訳書にバスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(小学館集英社プロダクション)、マリー・ポムピュイ、ファビアン・ヴェルマン&ケラスコエット『かわいい闇』(河出書房新社)など。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。「世界のマンガについてゆるーく考える会」主宰。もちろん日本のマンガも大好き。

Leave A Reply