海外マンガの人々―トッド・マクファーレンさんインタビュー

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

海外マンガの仕事に関わる人物を紹介する「海外マンガの人々」。今回ご紹介するのは、アメコミの巨匠トッド・マクファーレンさん。トッド・マクファーレンの名前を知らない90年代アメコミファンはいないのではないでしょうか? 日本でも翻訳コミックやフィギュアが大ブームとなり、クリエイターであったマクファーレンさんも日本のメディアに登場していました。彼が生み出したアメコミの人気キャラクター、ヴェノム、そしてスポーン。アメコミが好きな人なら誰もが知っているこれらのキャラクターの生みの親に柳亨英さんがインタビューしてくれました。

トッド・マクファーレンさん(Todd McFarlane)

ヴェノム誕生の経緯を教えていただけますか?

ヴェノムはアメイジング・スパイダーマンの連載中にヴィランとして登場しました。僕がアーティストとして参加していた時、ピーター・パーカーはブラック・コスチュームを着ていたんですが、僕は黒いコスチュームを着たスパイダーマンを描きたくなかったんです。赤と青のコスチュームを着ていないスパイダーマンなんて僕にとってはスパイダーマンじゃないと思ったから。そこで、黒いコスチュームを外さないと描きたくないと編集部に伝えました。ところが編集部は黒いコスチュームのスパイダーマンは人気があるので変えたくなかった。そこで僕は、黒いコスチュームを脱がして、それを着た別のキャラクターを作ることを提案しました。そうすれば、僕は赤と青のコスチュームのスパイダーマンを僕は描くことができるし、黒いコスチュームも残すことができます。マーベルはそれを認めてくれたので、僕はデザインスケッチを起こしました。黒いコスチュームはエイリアンのクリーチャーでもあるので、黒く大きなモンスターにしました。前かがみにしたり爪を大きくしたりして、口も大きくして、舌も出して、でも最初はいまほど舌は大きく長くはなかったんです。そのスケッチをライターに渡してヴェノムというキャラクターが誕生しました。ライターは中にエディ・ブロックというキャラクターがいると言われました。僕がデザインをしている時はただのモンスターと思ってデザインしていたので、デザインを変えたくありませんでした。そこでこのコスチュームがエディ飲み込んでいるようにしてはどうだろうかと提案して、それが通りました。あとピーター・パーカー/スパイダーマンが簡単に倒せないように大きくしたんです。彼を倒すにはもっと知恵を使わないと倒せないようにするために。

マクファーレンがカバーアートを手がけた『Amazing Spider-Man #316』(1989年6月)

もしかしたら、若手アーティスト、トッド・マクファーレンがマーベルに言われた通りにブラック・コスチュームのスパイダーマンを描いていたら、ヴェノムは誕生していなかったかもしれません。でも、僕は当時大人気なくて描きたくないって言ったので、そのおかげヴェノムというクールなキャラクターが生まれました。

ヴェノム。 映画『ヴェノム』より

ヴェノムは映画になり、世界的な大ヒットを納めました。ご覧になられましたか? 感想など教えていただけますか?

幸運にもワールド・プレミアに招待されました。デザインしたアーティストとしては、とてつもなくデカいキャラクターをスクリーンで見たいと思っていました。ヴェノムを一緒に作り上げた、共同クリエイター、ライターのデビッド・ミクライニはストーリーについていろいろと気にしていましたが、僕は見たいと思っていたクールなものがたくさん見ることができて嬉しかったです。それに大きく、圧倒的なヴェノムをスクリーンで見ることができました。

映画『ヴェノム』より

映画『スパイダーマン3』は見ましたか? あのヴェノムはあまり大きくありませんでした。個人的には大きなキャラクターとして作ったのでがっかりした記憶があります。トム・ハーディのヴェノムは見た瞬間に「これだ!」って思いました。僕が描いたものにずっと近かったから。あくまでも僕の意見ですが、僕はけっこう満足しています。

映画『ヴェノム』より

スパイダーマンのコミックスを担当していた頃の思い出などありますか?

僕がスパイダーマンを担当することになったとき、僕はクラシックなスパイダーマンを描きたいと思いました。赤と青のコスチュームの。それと同時に、過去30年に渡って先人達がやってきたことを繰り返したくもないと思いました。なかなか人に理解してもらえないのですが、ライターでもアーティストでも原稿の作業をしている時、常にひとりで作業をしているんです。テーブルの前にいる時、なにより自分が楽しむことが重要なのです。

僕がスパイダーマンを担当するようになった時、どうやって楽しみながら描いて、〆切に間に合うようにすればいいのかと考えました。スパイダーマンという言葉を見たとき、これまでは皆“マン(人)”という言葉に重点を置いているようでした。でも僕が担当することになったとき、「そうじゃない、重点は“スパイダー”に置くべきだ」って思いました。なので、ピーターがコスチュームを着ると、僕は彼のことを“マン”とはあまり思いませんでした。面白いポーズを取らせたり、目を大きくして虫っぽくしてみたり、もっと蜘蛛のウェブを加えてより蜘蛛のようにしたり、クールなキャラクターにしました。なによりデザインや描くことを楽しみました。

マクファーレンと彼が描いたスパイダーマンのページ

でもトラブルもありました。(マーベルの)象徴的なキャラクターをいじられて困ったのだと思います。ですが楽しんで描いていたらどんどん売上はあがっていって(250万部以上売り上げたとも言われている)、ファンのおかげで僕が思い描いたスパイダーマンを描き続けることができました。残念ながら、編集部からはあまり僕の個性を出しすぎるなと言ってきたので、僕も疲れてきて(スパイダーマンのコミックを)去ることになりました。残念でした。描いていてとても楽しかったし、いまもあの頃を懐かしく思っています。

「スポーン」の映画について何か教えていただくことはできますか?

現在資金面でまとめています。後は組むスタジオも探しています。『ヴェノム』の成功がそれをプッシュしてくれるとよいのですが。(『ヴェノム』の)トレーラーには必ず僕の名前がヴェノムの共同クリエイターとして出てきますから。もし願いがかなうなら、ソニーと一緒に仕事がしたいですね。ヴェノムとスポーン、両方がいるなんてクールだと思いませんか? 僕のキャラクターが両方ともひとつのスタジオにいるんです。もしかしたらいつかふたりが出会うことだってあるかもしれない。監督もしたいと思っていますし、いつか(ヴェノムを)監督できるかもしれない。僕の夢としては、ヴェノムもこれだけヒットしていて、スポーンもうまくいってくれれば、クロスオーバーだって夢じゃないと思うんです。あくまでも10歳児の僕の意見ですけどね。でも実現したらクールですよね。

映画『スポーン』が実現する日はやってくるのか?

ヴェノム誕生のみならず、現在のスパイダーマンの方向性にも大きな影響を与えていたマクファーレン氏。彼のイマジネーションが生み出したスポーンも映画として進行中です。

まずは彼の理想のヴェノムが登場する映画『ヴェノム』をテレビやPC、スマホで楽しんで、マクファーレン氏の次の作品を楽しみに待ちたいと思います。


映画『ヴェノム』デジタル配信中
公式ウェブサイト:http://www.venom-movie.jp/

ブルーレイ、DVD、発売中
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ブルーレイ&DVDセット 4743円(税別)
4K ULTRA HD & ブルーレイセット【初回生産限定】6800円(税別)

©2018 Columbia Pictures Industries, Inc. and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved.
MARVEL and all related character names:© & TM 2019 MARVEL.

About Author

柳 亨英

1973年東京生。国内へのアメコミの紹介や、国外へのマンガや作家の紹介など、アメコミを中心にマンガに関する仕事に、原稿執筆、インタビュー、イベント開催、司会、翻訳、通訳などとして携わる。「I KILL GIANTS」翻訳(小学館)、PEN+ダークヒーローの時代、PEN+DC最強読本、PEN+マーベル最新案内、MCUパンフレット全て、『バーバラと心の巨人(原作I KILL GIANTS)』パンフレットへの寄稿、トロント・コミック・アーツ・フェスティバル(TCAF)お手伝い、グリヒル先生海外仕事のお手伝い、等。

Leave A Reply