海外マンガの人々―ジャニス・アンさんインタビュー

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

「海外マンガの人々でコスプレイヤー?」と違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、インドネシアでは自国オリジナル作品のプロモーションに、公式コスプレイヤーはなくてはならない存在です。そんなコスプレイヤーさんの中で、私が今最も注目しているジャニスさんに、インタビューしてきました!

ジャニスさんのお仕事についてお聞かせください。

こんにちは 私の名前はジャニス・アン(Jeanice Ang)です。ジェジェ(Jeje)と呼んでください。
普段は、イベント司会者とインスタグラムやYouTubeを利用したインフルエンサーをしています。マンガやアニメのイベントには、公式コスプレイヤーとして参加させていただくことも多いです。最近は、ゲーム実況を配信するライブストリーマーとしても活動しています。
美しいインドネシアから来ました。みなさんよろしくお願いします!

美人で賢い、まさに才色兼備のジャニス!

アドリブ対応も抜群のジャニスはイベント司会に引っ張りだこ!

 

コスプレイヤーとしての活動はどのようにスタートしたんですか?

子どもの頃からずっと、マンガとアニメが大好きでしたが、コスプレのコミュニティは、ちょっと遠い存在でした。
ところがある日、インドネシアのコミック出版社が、彼らのイベント司会者を探していて、これが、私にとって運命的な出会いになったんです。2015年にこの出版社の公式コスプレイヤーに選ばれ、その日から私のコスプレイヤーとしての旅が始まりました。
こんなにも素晴らしい機会をいただいたことを、私は一生感謝していきます!

インドネシアのコミック出版社 re:ON Comics の公式コスプレイヤーとして活躍中!

 

インドネシアは、コスプレイヤーのレベルが高いと聞きます。実際に、名古屋で毎年行われている世界コスプレサミット(World Cosplay Summit)に、インドネシアのコスプレイヤーは2012年から参加し、2016年には優勝しました。
インドネシアのコスプレイヤーにはいったいどんなパワーが秘められているのでしょうか?

美しいコスチュームの他に、秘密はそのパフォーマンスにあると思います。インドネシアのコスプレイヤーは、舞台上で大きなアクションを好む傾向があると思います。もちろん、コスプレ衣装を全身にまとった状態で(笑)そして、小道具はもちろん、時には大型イリュージョンのトリックさえも活用して、サプライズを取り入れたステージパフォーマンスを考えます。

ジャニスさんは、re:ON Comics の公式コスプレイヤーとしても活躍されています。今回のMini ComicFest ID(2018年11月3日・4日)にて、ジャニスさんが演じる新しいキャラクターが公開されました。このキャラクタについて教えてください。

キャラクターの赤と白はインドネシア国旗から
インドネシアを牽引するオリジナル作品を目指す想いが詰まっています

彼女の名前はRion(リオン)です。コミック雑誌「re:ON Comics」自体を擬人化したキャラクターです。「re:ON」も「リオン」と読みますので、書き方は少し違いますが、発音をそろえてます。雑誌の擬人化らしく、髪飾りにQRコードがついていたりと外見にもこだわりがありますが、内面の設定も面白いです。例えば、彼女が世の中で最も嫌いなことは「誤植」なんですよ。雑誌だけに(笑)

カワイイが至るところに仕掛けられてます!

 

インドネシアのオリジナルコミックにとって、公式コスプレイヤーが果たす役割とはなんでしょうか?

公式コスプレイヤーを演じることは、出版社の顔になることだと思います。
re:ON Comicsのケースで興味深いのは、私たちがコミック作品の登場人物ではなく、re:ON Comicsのマスコットキャラクターをコスプレしているという点です。つまり、出版社がキャラクターを所有し、コントロールできます。そのため、様々な媒体を通して、柔軟に、私たちを使ってキャラクターを露出することができます。オフラインイベント、ミュージックビデオ、各種商品化、さらには短編映画の制作まで広がっています。
インドネシアのコミックを知らなかった人々も含め、インドネシアに住む多くの人々の関心を得る上で有効な方法だと思います。

re:ON Comics作品が原作の短編映像
re:ON Comicsの公式コスプレイヤーたちがメインキャストをつとめる

 

日本には来たことがありますか?

日本には5回来ました。もうすぐ6回目になりますね(笑)
日本は、何度来ても飽きることがない唯一の国です。私のことを常に引き込む何かが日本にはあります。人々も素晴らしいですし、食べ物、街、文化も大好きです。日本について、もっとたくさんのことを知りたいです!
東京に来ることが最も多いのですが、今年10月に京都と日光を訪れる機会がありました。落ち着いたピースフルな雰囲気を堪能し、とても楽しかったです。インドネシア人としては、もしかすると珍しいかもしれませんが、温泉もエンジョイしましたよ(笑)

「な、なに奴っ! 」
EDO WONDERLAND 日光江戸村にて

 

次回、日本に来るときには何がしたいですか?

北海道に行きたいです!
そして、まだ食べたことない料理がたくさんありますので、お腹いっぱい食べたいです。

インドネシアのYouTubeメディアで東池袋を案内するジャニス

 

最近覚えた日本語を教えてください。

「なるほど〜」(笑)

いま、日本語の数え方を学び始めているレベルです…

一番好きな日本食はなんですか?

今でもはっきり覚えているのが、7歳の時に初めて食べたうどんの味です。
あの瞬間に、私はうどんと恋に落ちました。いまでも私を癒してくれる大切な食べ物です。

一番好きなインドネシア料理はなんですか?

う〜ん、これは難しい質問ですね…。強いて言えば…、
ナシパダン(Nasi Padang・パダン料理)がお気に入りのトップだと思います。

インタビュアーの私もパダンが大好きです。いろいろな料理が小皿で少しずつ食べられるのが嬉しいです。でも、最初に食べた時は、次から次へと並べらる料理に、いったいいくら払うんだろうと心配になりながら食べてました。
食べた分だけ支払う仕組みだと後から分かり、すご〜くホッとしたのを覚えています(笑)

 

日本の方にオススメするインドネシア料理は?

ナシゴレン(Nasi Goreng・炒めごはん)と、たくさんの伝統的なスパイスが入ったソト(Soto・汁もの)をオススメします。インドネシア料理は全般的に日本食に比べてスパイシーですので、日本の方は、インドネシアで食事を注文される時には十分に注意してくださいね。
暑いインドネシアでは、かき氷も人気です。アイスクリームを使ったデザートの種類もたくさんありますよ。個人的には、Es Podeng( #espodeng )と Es Campur( #escampur )がお気に入りです。ジャカルタだと、Kafe BetawiEs Teler 77 というお店で食べられます。

一番好きなインドネシア・コミックを教えてください。

私と恋するナマケモノ』(原題:Me vs Big Slacker Baby)です。
そして、もちろん『Reon and Friends』も♪

Me vs Big Slacker Baby
コミックカタパルトから日本語版が電子出版されています。
王道中の王道、少女向けラブコメ作品です。
気になる方はこちらをクリック

 

お気に入りの日本のマンガ作品を教えてください。

たくさんあってしぼるのが難しいですね…
いま読んでいて楽しんでいるのは、『僕のヒーローアカデミア』です。

もしジャニスさんにお仕事の相談をしたい時はどうしたらいいですか?
日本の商品や観光地の宣伝をインドネシア向けにお願いしたい方は結構いるかと思います。

お仕事の相談はデジタルカタパルト(Digital Catapult Inc.)さんにお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

デジタルカタパルトのみなさんとワクワクするプロジェクトを準備中です。これからも、もっとたくさんのことを一緒に活動していければと思います。

コミックストリートをご覧いただいている読者の方へ、メッセージをお願いします。

コミックストリート読者のみなさん、こんにちは!
私たちはインドネシアで、とても多くの日本のマンガ作品を楽しんできました。日本の皆さんにもインドネシアのマンガ作品を楽しんでいただけたら嬉しいです。Much love from Indonesia!


ジャニスさんの活動をチェック!

Instagram @jeaniceang
Facebook @HAIJEANICEANG

About Author

平柳竜樹(TK)

1977年東京都豊島区生まれ。テレビ番組のナレーション、システム企業での新規事業立ち上げ、ベンチャー企業のスタートアップや事業再生のサポート業務を経て、2009年よりデジタルカタパルト株式会社に参加、2012年取締役就任。現在は、海外のブックフェアや出版社を巡る仕事が中心。一度、海外出張に出ると、なかなか日本に帰ってこないため、「マグロ漁船にでも乗ってるようですね。」と言われる。

Leave A Reply