【レポート】世界のマンガについてゆるーく考える会 #12

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

日時:2018年7月26日(木) 19時から21時(18時30分開場)
場所:東京都文京区小石川4-14-12 共同印刷本社101ホール
参加者:約50名

通算12回目の「世界のマンガについてゆるーく考える会」です。

19時過ぎにスタート。代表の原から挨拶。続いて、日本に住んでもう10年以上になるというブラジル人マンガ家モクタン・アンジェロさんが、「文化的に多様なブラジルの漫画の魅力について」という発表をしてくださいました。ブラジルのマンガについてはなかなか知る機会もありませんから、たいへん貴重な発表です。発表の構成は以下の通り。「1.ブラジルについて」、「2.マウリッシオ作『モニカの仲間たち』」、「3.ガブリエル・バとファビオ・ムーン作『デイトリッパー』」、「4.漫画はアートだ!出産の様々な描写」、「5.モクタン・梅原作『レオノーラの猛獣刑』」。発表終了後には、モクタンさんにさまざまな質問が寄せられ、大いに盛り上がりました。

左に写っているのがモクタン・アンジェロさん

ブラジルマンガ界の巨匠マウリッシオ・デ・ソウザのお話も

かつて邦訳も出版された『デイトリッパー』(邦訳情報:ファビオ・ムーン、ガブリエル・バー『デイトリッパー』椎名ゆかり訳、小学館集英社プロダクション、2014年)

刊行されたばかりの自作『レオノーラの猛獣刑』(Jパブリッシング、2018年)について語るモクタンさん

モクタンさんが持ってきてくれたブラジルのマンガ

続いて、デジタルカタパルトの平柳さんが、7月上旬にロサンゼルスで開催されたアニメエキスポについて、写真を交えて簡単なレポートをしてくださいました。

アニメエキスポのレポートをする平柳さん

アニメエキスポのアーティストアレイの様子

20時を過ぎたところでいったん休憩。15分ほど閲覧タイムを設けました。

当日集まった世界のさまざまなマンガ1

当日集まった世界のさまざまなマンガ2

当日集まった世界のさまざまなマンガ3

当日集まった世界のさまざまなマンガ4

閲覧タイムの様子。
多くの方が参加してくださいました

休憩中には、モクタン・アンジェロさんの『レオノーラの猛獣刑』の販売&ミニサイン会も行われました。

ミニサイン会の合間にパチリ。
『レオノーラの猛獣刑』を手に持つ
モクタン・アンジェロさん

20時30分頃から後半再開。まずは事前申し込み時に募った質問を発表。参加者みんなでワイワイと話し合いました。続いて持ってきていただいた本のプレゼンコーナー。今回は5人の方が持ってきた本を紹介してくださいました。

香港タクシーがロボットのように合体する様子を描いたイラスト集的な作品『香港重機』

中面

予告編動画が話題になったフランスのバンド・デシネ『KAIROS(カイロス)』。
全3巻の合本版

ご参考までに『KAIROS(カイロス)』の予告編動画はこちら。

インパクトのあるタイトルの作品『ガイジン』(Matt Faulkner, Gaijin: American Prisoner of War, Disney-Hyperion, 2014)

祖国の滅亡を防ごうとする3人の若者たちの冒険を描いた作品『ファイブ・ワールズ』(Mark Siegel, Alexis Siegel, etc, 5 Worlds Book 2, Random House Books for Young Readers, 2018)

カナダはケベックの作家ズヴィアンヌさんの個人誌『ジャングル(La Jungle)』最新号。タイトルが日本語になっています

2017年3月に亡くなった台湾が誇る大マンガ家鄭問(チェン・ウェン)の回顧展『鄭問故宮大展: 千年一問』のカタログ。展覧会は国立故宮博物院で9月17日まで開催中

中面

台湾のテレビ番組(?)「藝術很有事」の鄭問(チェン・ウェン)特集。

21時20分頃にすべての発表が終了。その後、さらに10分程度閲覧タイムを設け、「世界のマンガについてゆるーく考える会#12」は終了となりました。

次回「世界のマンガについてゆるーく考える会#13」は、まだはっきりと日程が決まっているわけではありませんが、2018年9月か10月頃に開催できたらと思います。決まり次第、改めて告知いたします。「世界のマンガについてゆるーく考える会」は、未参加の方や海外マンガ初心者の方大歓迎のイベントですので、ぜひ気軽にご参加ください。

About Author

原 正人

1974年静岡県生まれ。フランスのマンガ“バンド・デシネ”の翻訳者。訳書にバスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(小学館集英社プロダクション)、マリー・ポムピュイ、ファビアン・ヴェルマン&ケラスコエット『かわいい闇』(河出書房新社)など。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。「世界のマンガについてゆるーく考える会」主宰。もちろん日本のマンガも大好き。

Leave A Reply