【レポート】世界のマンガについてゆるーく考える会 #6

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

sekaman_6_01

日時:2016年3月2日(木) 19時から21時(18時30分開場)
場所:東京都文京区小石川4-14-12 共同印刷本社101ホール
参加者:約40名

ようやく2017年最初の「世界のマンガについてゆるーく考える会」を開催することができました。今回で通算6回目となります。

会の前半は15分程度の発表が2つ。まず、香港漫画店さんが、今年2月に香港で行われた2つのイベントComic WorldとPalette Ringのレポートをしてくださいました。どちらも同人誌即売会的なイベントなのだそうですが、何とこの2つのイベント、まったく同じ日にかなり近い場所で競合するような形で行われたのだとか。この2つのイベントについて、いったいどうしてそんなことになったのかという背景と併せ、両者を実際に訪れた香港漫画店さんが、多くの写真を交えつつ、詳しく紹介してくださいました。詳しくお知りたい方は、いずれ香港漫画店さんが同人誌を作られるそうですので、ぜひチェックしてみてください。

sekaman_6_02

Comic Worldのパンフレット

Palette Ringのパンフレット

Palette Ringのパンフレット

発表の2つ目はフィンランドのマンガサークル“さんま雲”のNieal(ニエアル)さんとナカネさんによるフィンランドのマンガ事情の紹介。どんなマンガがあるのか、どこで売っているのか、何が人気なのか、どんな客層なのかなどなど、その概略を教えてくださいました。僕らからすると意外な印象もありますが、フィンランドで一番売れてるマンガはドナルドダックやその伯父さん、甥っ子たちのマンガなんですって。現在人気の新聞マンガにFingerpori(フィンゲルポリ)というマンガもあるそうですよ。気になった方はググってみてください。

発表するNiealさん

発表するNiealさん

Niealさんが持ってきてくれたフィンランドのマンガ

Niealさんが持ってきてくれたフィンランドのマンガ

ナカネさんが持ってきてくれたフィンランドのマンガ

ナカネさんが持ってきてくれたフィンランドのマンガ

その後、15分程度、休憩を兼ねて、皆さんが持ってきてくれた世界のマンガの閲覧タイムを設けました。

当日集まった世界のさまざまなマンガ

当日集まった世界のさまざまなマンガ

閲覧タイムの様子1

閲覧タイムの様子1

閲覧タイムの様子2

閲覧タイムの様子2

後半は全部で5名の人が持ってきてくれたマンガを紹介してくれました。紹介された本は以下の通りです。洋の東西を問わず、新旧さまざまなマンガが紹介されました。

アニメ『宇宙船サジタリウス』の原作Andrea Romoli著ALTRI MONDI

アニメ『宇宙船サジタリウス』の原作Andrea Romoli著ALTRI MONDI

ロドルフ・テプフェール『クレパンさん』

ロドルフ・テプフェール『クレパンさん

sekaman_6_13

フランスのカステルマン社が2016年に創刊した雑誌『PANDORA』

台湾のちょっとエッチな体位画集『九眞陰經』

台湾のちょっとエッチな性交体位画集『九眞陰經』

最後にこれから行われるイベントの告知が4つ。ここではとりあえず既に情報解禁になっている3つだけご紹介し、残り2つは後日改めてご案内します。告知ページが既にあるものについてはリンクも張っておきます。

アメコミライブドローイングイベント BRAVE&BOLD #2
5月6日(土)14:30~20:30/5月7日(日)10:30~19:30

フランスのバンド・デシネと図書館
3月11日(土)14:00~16:00

春休みマンガ企画 LEGOコミ映画 最強チャンピオン祭り
4月6日(木)19:30(開場:18:30)~ 於:新宿ネイキッドロフト

その後、改めて15分くらい閲覧タイムを設けて、毎度のようにてんこ盛りの「世界のマンガについてゆるーく考える会」は終了となりました。

4月は会場都合で開催しない可能性が高いですが、5月以降できる限り月1回ペースで開催していきたいと思います。

(原正人)

About Author

原 正人

1974年静岡県生まれ。フランスのマンガ“バンド・デシネ”の翻訳者。訳書にバスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(小学館集英社プロダクション)、マリー・ポムピュイ、ファビアン・ヴェルマン&ケラスコエット『かわいい闇』(河出書房新社)など。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。「世界のマンガについてゆるーく考える会」主宰。もちろん日本のマンガも大好き。

Leave A Reply