【まとめ】世界のマンガについてゆるーく考える会 #2

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

第2回目の「世界のマンガについてゆるーく考える会」は、場所を共同印刷の101ホールに移し開催。
長い間、日本のマンガ雑誌を代表する週刊少年ジャンプを印刷している印刷会社。1980年代に歴代最高部数600万部を超えた記録は、ギネスブックにも載っているとか。もちろん、人気マンガ作品を毎週見出す仕事が一番すごいのですが、毎週その部数を印刷・製本・配送してきた組織もそれなりにすごいなぁと思うんです。だからこそ、「世界のマンガについてゆるーく考える会」のようなマンガ作品への想いをつなぐ交流会を、共同印刷グループが支えることも使命なのではないかと勝手に考え、主催者の原さんに提案、このような形となりました。
どの最寄駅からもちょっと遠いのが、残念ですが…。


About Author

平柳竜樹(TK)

1977年東京都豊島区生まれ。テレビ番組のナレーション、システム企業での新規事業立ち上げ、ベンチャー企業のスタートアップや事業再生のサポート業務を経て、2009年よりデジタルカタパルト株式会社に参加、2012年取締役就任。現在は、海外のブックフェアや出版社を巡る仕事が中心。一度、海外出張に出ると、なかなか日本に帰ってこないため、「マグロ漁船にでも乗ってるようですね。」と言われる。

Leave A Reply