【告知】世界のマンガについてゆるーく考える会 出張版:読もうよガイマン2019編

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

「世界のマンガについてゆるーく考える会 出張版:読もうよガイマン2019編」を以下の日時・場所で行います。

世界のマンガについてゆるーく考える会 出張版:読もうよガイマン2019編
日時:2019年11月9日(土)16時から17時30分(15時30分開場)
場所:東京都千代田区神田猿楽町1-7-1 米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室(地図
料金:米沢嘉博記念図書館の1日会員費として入館に330円(税込)かかります
お問い合わせ:sekainomanga2016@gmail.com

ここしばらくは専修大学神田校舎の教室をお借りして開催している「世界のマンガについてゆるーく考える会」ですが、今回は「読もうよガイマン」の主催館のひとつである 米沢嘉博記念図書館にお邪魔します。

「読もうよガイマン2019」の対象作品

明治大学 米沢嘉博記念図書館はここ数年、邦訳海外マンガの収集に力を入れていますが、このほど 「読もうよガイマン」の開催に合わせて新たに、2018年9月1日から2019年8月31日までに出版された邦訳海外マンガが多く収蔵されました。今回はそれらの邦訳海外マンガを眺めながら、ワイワイおしゃべりできればと思います。

ちなみに「読もうよガイマン」とは「ガイマン」=「海外マンガ、外国マンガ」を盛り上げるイベントで、2012年から昨2018年まで行われてきた「ガイマン賞」(主催:京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター、明治大学 米沢嘉博記念図書館、北九州市漫画ミュージアム/企画・運営:ガイマン賞実行委員会)の後継イベントです。

もちろん通常の「世界のマンガについてゆるーく考える会」のように、過去に邦訳された海外マンガや海外マンガの原書、その他これは人に見せたいという本を持ってきていただくのも大歓迎です。それらの本を紹介する時間も設けたいと思います。

今回は特に参加に際して事前登録していただく必要はありません。ご関心がある方は当日11月9日(土)16時に米沢嘉博記念図書館2階の閲覧室にお集まりください。

イベントそのものは無料ですが、米沢嘉博記念図書館の当日会員登録料として330円(税込)が必要となります。

皆さんのご参加をお待ちしております。

米沢嘉博記念図書館2階閲覧室ではさまざまな邦訳海外マンガを読むことができます

About Author

原 正人

1974年静岡県生まれ。フランスのマンガ“バンド・デシネ”の翻訳者。訳書にバスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(小学館集英社プロダクション)、マリー・ポムピュイ、ファビアン・ヴェルマン&ケラスコエット『かわいい闇』(河出書房新社)など。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。「世界のマンガについてゆるーく考える会」主宰。もちろん日本のマンガも大好き。

Leave A Reply