「ポップ・テクストの力―日本文化の対話的発展に向けて」 まもなく開催

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

2019年1月13日(日)に東京のお台場エリアにある東京国際交流館で「ポップ・テクストの力―日本文化の対話的発展に向けて」という国際シンポジウムが開催されます。主催は独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)と筑波大学。入場は無料でどなたでも参加できるそうです。

「ポップ・テクストの力―日本文化の対話的発展に向けて」
日時: 2019年1月13日(日)10時~17時10分
会場:東京都江東区青海2-2-1 国際研究交流大学村内 東京国際交流館プラザ平成3階国際交流会議場
入場無料、定員400名
申込は
こちらから

ポップ・テクストとは「マンガやアニメなどのポピュラーカルチャーの中で生まれるテクスト」のことだそうで、ポップ・テクストは「いまや文学や美術などのハイカルチャーと不可分なものになっているだけでなく、海外の人々や作品にも影響を与え、世界中で新たな文化を生み出して」いるのだとか(こちらのサイトを参照)。

本シンポジウムでは、午前から午後にかけ、さまざまな地域の研究者やアーティストが登壇する2つのセッションを行い、「グローバル/グローカルなポップ・テクストの姿を明らかに」するとのこと。
■セッション1:ポップ・テクストのグローカリゼーション―日本と世界のマンガをめぐって(10時半~13時)
■セッション2:ポップ・テクストが広げるハルキの世界(14時半~17時)

プログラムの詳細は以下の通り(日本学生支援機構サイトから転載)
■10時00分:開会式
■10時30分:セッション1「ポップ・テクストのグローカリゼーション―日本と世界のマンガをめぐって」       
イギリス、アルジェリア、カナダ・ケベック州、中国、日本などから出版社社長やマンガ家、研究者などが集い、様々な地域のマンガに関する発表と意見交換を行います。
■14時30分:セッション2「ポップ・テクストが広げるハルキの世界」
村上春樹さんの短編小説は、世界各地で素敵な挿絵付きで読まれています。ヨーロッパ版の挿絵作家や翻訳者をお招きして、「ふしぎな図書館」などの作品について語りつくします。
■17時10分:閉会式

海外マンガの情報サイトComic Street的には、やはり注目はセッション1の「ポップ・テクストのグローカリゼーション―日本と世界のマンガをめぐって 」。プログラムによれば、「イギリス、アルジェリア、カナダ・ケベック州、中国、日本などから出版社社長やマンガ家、研究者などが集い、様々な地域のマンガに関する発表と意見交換を行います」とのこと。Comic Streetでも「モントリオールにマンガ旅行」を連載してくださったマンガ家の山本美希さん、2017年にジャック・フェランデズ『バンド・デシネ異邦人』を翻訳され、「海外マンガの人々」のインタビューに答えてくださった青柳悦子さんも登壇される予定です。


「ポップ・テクストの力―日本文化の対話的発展に向けて」 チラシ表

「ポップ・テクストの力―日本文化の対話的発展に向けて」 チラシ裏

ご関心がある方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?

About Author

原 正人

1974年静岡県生まれ。フランスのマンガ“バンド・デシネ”の翻訳者。訳書にバスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(小学館集英社プロダクション)、マリー・ポムピュイ、ファビアン・ヴェルマン&ケラスコエット『かわいい闇』(河出書房新社)など。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。「世界のマンガについてゆるーく考える会」主宰。もちろん日本のマンガも大好き。

Leave A Reply