シンポジウム「”Mangaスタイル”の海外への伝播と変容」まもなく開催

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ここ数年、毎年秋から冬にかけて海外マンガ関連のさまざまなイベントが行われていますが、今年もまたその季節がやってきました。

11月23日(金)明治大学では、科研費シンポジウム「”Mangaスタイル”の海外への伝播と変容」が開催されます。

”Mangaスタイル”の海外への伝播と変容
日時:11月23日(金)13時30分~18時
場所:明治大学 中野キャンパス・低層棟5Fホール
参加費:無料
※明治大学のイベント情報ページはこちら

このシンポジウムは明治大学国際日本学部教授藤本由香里さんが代表を務める科学研究費助成事業の研究「”Mangaスタイル”の海外への伝播と変容」に関連したシンポジウム第1弾(第2弾「研究編」は2019年3月に実施予定)とのこと。

今まで日本では決して進んでいるとは言えないテーマについての野心的な研究で、最終的な報告が待ち遠しいですが、今回はその経過報告を兼ねて、豪華ゲストのお話を聞くことができるようです。全体としては4時間超の長丁場ですが、「第1部 ヨーロッパ編」と「第2部 アメリカ編」の2部構成。

「第1部 ヨーロッパ編」の陣容は以下の通り。

第1部 ヨーロッパ編(13時30分~15時40分)
司会:藤本由香里
ゲスト:トニー・ヴァレント、ケニー・ルイス、フレデリック・トゥルモンド

トニー・ヴァレントは『ラディアン』でおなじみのカナダ在住のフランス人マンガ家、バンド・デシネ作家。NHKでアニメ版も絶賛放送中です(毎週土曜日午後5時35分からEテレにて)。アニメ化に関する貴重なお話も聞けちゃうかもしれません。

『ラディアン』第1巻

『ラディアン』第9巻

ケニー・ルイスはスペイン人マンガ家、バンド・デシネ作家。Kid Toussaint(キッド・トゥーサン)原作の『マジック7(Magic 7)』(Depuis社、既刊6巻、2016~)などの作画で知られる作家で、11月上旬に発売されたばかりの『テヅコミ』Vol.2に、手塚治虫『ぼくの孫悟空』のオマージュ作品「孫悟空 猫の巻」を寄稿しています。

『マジック7』第6巻(Kid Toussaint & Kenny Ruiz, Magic 7, T6, Depuis, 2018)

『テヅコミ』Vol.2

フレデリック・トゥルモンドはユーロマンガの編集長。実はユーロマンガは今年で10周年を迎えました。改めてComic Streetでも取り上げられたらと思います。彼はユーロマンガを通じて、フランス語圏のバンド・デシネだけでなく、トニー・ヴァレント『ラディアン』やバラック、ヴィヴェス、サンラヴィル『ラストマン』といったバンド・デシネと日本のマンガを架橋する作品も多く邦訳出版しています。

はたして日本マンガとヨーロッパのマンガ、バンド・デシネは今どのような関係にあるのでしょうか? 海外マンガのファンのみならず、日本マンガのファンにとっても要注目のトークです。

続いて「第2部 アメリカ編」の陣容は以下の通り。

第2部 アメリカ編(16時~18時)
司会:椎名ゆかり
ゲスト:内藤泰弘、堺三保、タケダ・サナ

「日米マンガ交流史-マンガ制作の現場から-」と銘打たれたこちらは、アメリカン・コミックスの翻訳を手がける椎名ゆかりさんが司会を務めます。ゲストはご存じ『トライガン』や『血界戦線』のマンガ家内藤泰弘さん、そしてSF、アニメ、映画、アメコミ翻訳と八面六臂の活躍をされている堺三保さん。さらに、アイズナー賞2018での5冠を始め、『モンストレス』(CJ・スズキさんのレビューをぜひ読んでください!)でさまざまな賞を次々受賞している要注目の日本人コミックスアーティスト、タケダ・サナさん!

『モンストレス』Volume1(マージョリー・リュウ作、椎名ゆかり訳、誠文堂新光社、2017年)

『モンストレス』Volume2(マージョリー・リュウ作、椎名ゆかり訳、誠文堂新光社、2018年)

翻訳者としてアメリカン・コミックス事情および日本マンガとの関係に詳しい椎名ゆかりさんと堺三保さん、日本マンガの最前線でお仕事をしつつ、古くからアメコミファンであることを公言されている内藤泰弘さん、そして今まさにアメリカン・コミックスのアーティストとして活躍されているタケダ・サナさんの間でどんなお話が繰り広げられるのか、とても楽しみです。

科研費シンポジウムという仰々しい名前がついていますが、入場無料、一般の方の参加大歓迎とのこと。特に事前申し込みが必要というわけでもないようですので、ぜひ気軽にご参加ください。

About Author

原 正人

1974年静岡県生まれ。フランスのマンガ“バンド・デシネ”の翻訳者。訳書にバスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(小学館集英社プロダクション)、マリー・ポムピュイ、ファビアン・ヴェルマン&ケラスコエット『かわいい闇』(河出書房新社)など。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。「世界のマンガについてゆるーく考える会」主宰。もちろん日本のマンガも大好き。

Leave A Reply