海外マンガ読書会 第6回:ニック・ドルナソ『サブリナ』を読む

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

関連記事を読む:「海外マンガ読書会第1回:アリソン・ベクダル『ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』を読む」レポート
関連記事を読む:海外マンガ読書会 第2回:ジョアン・スファール『星の王子さま バンド・デシネ版』を読む
関連記事を読む:海外マンガ読書会 第3回:ビルギット・ヴァイエ『マッドジャーマンズ ドイツ移民物語』を読む
関連記事を読む:海外マンガ読書会 第4回:ショーン・タン『アライバル』を読む
関連記事を読む:海外マンガ読書会 第5回:バスティアン・ヴィヴェス『年上のひと』を読む


海外マンガ読書会 第6回
取り上げる作品:ニック・ドルナソ『サブリナ』(藤井光訳、早川書房、2019年)
日時:2020年3月15日(日)15時~17時30分
場所:東京都千代田区神田神保町3-8 専修大学 神田校舎 7号館(大学院棟) 7階 771教室(地図
7号館の位置はこちらでご確認ください
参加無料
主催:日本マンガ学会海外マンガ交流部会
※事前申し込み不要。当日、直接会場にお越しください。

ニック・ドルナソ『サブリナ』(藤井光訳、早川書房、2019年)

第6回読書会の対象作品としてとりあげるのは、海外マンガ翻訳書における2019年最大の話題作の一つ、『サブリナ』です。1989年生まれのアメリカ人作家による第2作目となる本書は世界的に有名な文学賞(英国ブッカー賞)にグラフィック・ノベルではじめてノミネートされたことでも大きな話題になりました。日本でも翻訳刊行後、様々な場で読書会が開催されています。

ある女性の失踪事件をめぐる本作は、私たちにとってもけっして他人事ではないソーシャルメディア時代の現代社会を描いた物語です。このグラフィック・ノベル作品の魅力、現代性はどこにあるのでしょうか?

「グラフィック・ノベル」としてしか表現しえない視覚メディア文化の技法、色使いや構図、ストーリー構成とコマ送り、余白や「間」の使い方、人物描写、サスペンスの手法、憶測など虚実入り交る語りの技法、SNSメディアをめぐるグラフィック表現、ネット社会をめぐる世界認識について……など様々な観点から、この話題作の魅力についてお互いに語り合ってみましょう。

本読書会はどなたでもご参加いただけます。お気軽に直接会場にお越しください。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。


本会のメンバーである原正人が「マンバ通信」の連載「海外マンガだってマンガなんですけど――邦訳で読む10年代の世界マンガ」で『サブリナ』を取り上げています。

第7回 ソーシャルメディア全盛時代に起きたある事件の顛末──ニック・ドルナソ『サブリナ』

ご関心がある方はぜひ読んでみてください。


関連記事を読む:「海外マンガ読書会第1回:アリソン・ベクダル『ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』を読む」レポート
関連記事を読む:海外マンガ読書会 第2回:ジョアン・スファール『星の王子さま バンド・デシネ版』を読む
関連記事を読む:海外マンガ読書会 第3回:ビルギット・ヴァイエ『マッドジャーマンズ ドイツ移民物語』を読む
関連記事を読む:海外マンガ読書会 第4回:ショーン・タン『アライバル』を読む
関連記事を読む:海外マンガ読書会 第5回:バスティアン・ヴィヴェス『年上のひと』を読む

About Author

中垣 恒太郎

1973年広島県生まれ。専修大学文学部教授。アメリカ文学・比較メディア文化研究。大学では「思春期文化論研究ゼミ」を展開。米国と日本を軸にした女性のコミックス/マンガ表現をめぐる比較文化研究、さらに、欧米で注目されている「グラフィック・メディスン」の動向を踏まえた医療マンガの比較文化研究に関心を寄せています。日本マンガ学会海外マンガ交流部会(部会代表は小野耕世氏)ほか、女性MANGA研究プロジェクトなどに参加。

Leave A Reply