海外マンガ交流部会 第11回例会公開研究会まもなく開催

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

きたる2018年7月15日(日)、日本マンガ学会海外マンガ交流部会の第11回定例年次部会が行われます。学会員であるなしに関係なく、どなたもご参加いただけるイベントです。ご関心がある方は、当日直接会場にお越しください。

日本マンガ学会海外マンガ交流部会の第11回定例年次部会
日時:2018年7月15日(日)13時~18時
場所:専修大学神田キャンパス7号館764教室
※日本マンガ学会のイベント情報ページはこちら

昨年の部会の様子

本年度のテーマは「海外マンガ研究の現在とこれから」。全3部構成で、第1部では大学院生による研究発表、第2部では今回のテーマをめぐる発表と討議、第3部では小野耕世さんによるトークが行われます。詳細は以下の通り。

【第1部】研究発表「海外マンガ研究の隣接領域との接続」
13:00~13:45
萱間 隆氏(専修大学・院)「『桃太郎 海の神兵』における占領地の表現」

13:45~14:30
平野 泉氏(専修大学・院)「ホビーマンガの想像力とアニメーション」

【第2部】ラウンドテーブル「海外マンガ研究の現在とこれから」
15:00~17:00
鈴木・CJ・繁氏(ニューヨーク市立大学/カルチュラル・スタディーズ)
「2000年以降の北米英語圏におけるコミックス・スタディーズの動向」

小田切博氏(ライター、アメリカンコミックス研究家)
「『戦争はいかに「マンガ」を変えるか』と海外マンガ研究」

[進行・ディスカッサント]
原正人氏(翻訳家)
椎名ゆかり氏(翻訳家・コーディネーター、東京藝術大学講師)

【第3部】
17:20~18:00 トーク「海外マンガを研究し続けること」
小野耕世氏(部会代表/マンガ評論家・翻訳家)

小田切博さんの『戦争はいかに「マンガ」を変えるか』(NTT出版、2007年)が出版されてから早いものでもう10年が経ちました。

小田切博『戦争はいかに「マンガ」を変えるか』(NTT出版、2007年)

『戦争はいかに「マンガ」を変えるか』は、日本における海外マンガ研究のあり方を問うに当たって、今現在最も重要なテキストだと言っていいでしょう。出版から10年後の今、改めて本書と向き合うことで、海外マンガ研究のこれまでと今とこれからを考えようというのが本部会の狙いです。小田切さんには第2部でご登壇いただき、『戦争はいかに「マンガ」を変えるか』についてお話しいただきます。不肖原とアメリカのコミックスの翻訳家椎名ゆかりさんが進行役を務めます。

ちなみに本書については、一足先にラジオビューグルさんで特集してくださっています。部会の予習を兼ねてぜひ聞いてみてください。

「戦争はいかに『マンガ』を変えるか アメリカンコミックスの変貌」発売十周年 特別配信 その1
「戦争はいかに『マンガ』を変えるか アメリカンコミックスの変貌」発売十周年 特別配信 その2
「戦争はいかに『マンガ』を変えるか アメリカンコミックスの変貌」発売十周年 特別配信 その3
「戦争はいかに『マンガ』を変えるか アメリカンコミックスの変貌」発売十周年 特別配信 その4
「戦争はいかに『マンガ』を変えるか アメリカンコミックスの変貌」発売十周年 特別配信 その5
「戦争はいかに『マンガ』を変えるか アメリカンコミックスの変貌」発売十周年 特別配信 その6

また、小田切さんの本以降、アメリカにおけるコミックス研究がどうなっているのか、私たちはほとんど知らないわけですが、その点を補うべく、本サイトでもCJ・スズキの名前で海外マンガレビューやイベント・レポートをしてくださっている鈴木・CJ・繁さんが、アメリカで今現在活動している研究者の視点から「2000年以降の北米英語圏におけるコミックス・スタディーズの動向」という発表をしてくださいます。

第3部は部会代表でもある小野耕世さんによる「海外マンガを研究し続けること」というトーク。小野さんにも本サイトで海外マンガレビューをしていただいていてすっかりおなじみですが、以前、小野さんの半生を振り返るインタビューもしています(海外マンガの人々―小野耕世さんインタビュー)。よろしければ、こちらもぜひご覧ください。なお、小野さんは、7月21日(土)に日比谷図書文化館で「世界の新しいマンガたち-グラフィック・ノヴェルの冒険 」という講演をされる予定です。こちらもぜひご参加ください。

About Author

原 正人

1974年静岡県生まれ。フランスのマンガ“バンド・デシネ”の翻訳者。訳書にバスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(小学館集英社プロダクション)、マリー・ポムピュイ、ファビアン・ヴェルマン&ケラスコエット『かわいい闇』(河出書房新社)など。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。「世界のマンガについてゆるーく考える会」主宰。もちろん日本のマンガも大好き。

Leave A Reply