海外マンガ交流会 第2回―チェコのマンガ家ヴァーツラフ・シュライフさんをお招きして

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

関連記事を読む:海外マンガ交流会―ケベックのBD作家ヌヌミさんをお招きして
関連記事を読む:海外マンガの人々―ヴァーツラフ・シュライフさんインタビュー
関連記事を読む:チェコのマンガ家ヴァーツラフ・シュライフ絵画展「東京で解き放たれて」まもなく開催


海外マンガ関係のゲストからさまざまなお話を伺う「海外マンガ交流会」、第2回を2月21日(木)に行います。今回のゲストはチェコセンター東京で油絵の個展「東京で解き放たれて」を開催中のチェコのマンガ家ヴァーツラフ・シュライフ(Václav Šlajch)さん。シュライフさんは挿絵画家、映画視覚効果アドバイザーでもあり、西ボヘミア・ラディスラフストナー・デザイン・アート大学の講師でもあります。ご自身のこと、チェコの現在のコミックスシーンについて、開催中の個展のことなど、さまざまなお話を伺う予定です。

海外マンガ交流会―チェコのマンガ家ヴァーツラフ・シュライフさんをお招きして
日時:2019年2月21日(木)19時~20時半
会場:東京都千代田区神田神保町3-8 専修大学 神田校舎 7号館784教室
7号館の位置はこちらでご確認ください
出演:ヴァーツラフ・シュライフ(Václav Šlajch)
参加無料・逐次通訳付き・事前申し込み不要
協力:チェコセンター東京、JGP ART

ヴァーツラフ・シュライフ(Václav Šlajch)さん

シュライフさんについてはこのComic Streetでインタビューしているので、ぜひ併せてお読みください。インタビュアーは2017年に明治大学 米沢嘉博記念図書館で行われた「~日本におけるチェコ文化年2017~チェコ・コミックの100年展」でコーディネーターを務めたジャン・ガスパール・パーレニーチェクさんです。

海外マンガの人々―ヴァーツラフ・シュライフさんインタビュー

格式ばった講演ではありませんので、気軽にご参加ください。作家さんのお話を直接聞けるまたとない機会です。チェコのコミックスはもちろん、海外マンガ全般に興味がある方のご参加をお待ちしています。チェコのコミックスも海外マンガも詳しくないけど…という方も大歓迎です。

「ブブリナの最もへんてこな夢(Bublinův nejzamotanější sen)」(『リフレー・シーペと彼らの新しく素晴らしい冒険(Rychlé šípy a jejich úžasná nová dobrodružství)』、2018年から)
「ルレンカと腹痛(Lulenka a břichabol)」(雑誌『Aargh!』16号、2017年から)

関連記事を読む:海外マンガ交流会―ケベックのBD作家ヌヌミさんをお招きして
関連記事を読む:海外マンガの人々―ヴァーツラフ・シュライフさんインタビュー
関連記事を読む:チェコのマンガ家ヴァーツラフ・シュライフ絵画展「東京で解き放たれて」まもなく開催

About Author

原 正人

1974年静岡県生まれ。フランスのマンガ“バンド・デシネ”の翻訳者。訳書にバスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(小学館集英社プロダクション)、マリー・ポムピュイ、ファビアン・ヴェルマン&ケラスコエット『かわいい闇』(河出書房新社)など。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。「世界のマンガについてゆるーく考える会」主宰。もちろん日本のマンガも大好き。

Leave A Reply